言葉と人生

| コメント(0) | トラックバック(0)

 言葉の誦句

 私は今後かりそめにも、我が舌に悪を語らせまい。
 否、一々我が言葉に注意しよう。
 同時に今後私は、もはや自分の境遇や仕事を、消極的な
 言語や、悲観的な言語で、批判するような言葉を使うまい。
 終始、楽観と歓喜と、輝く希望と溌剌たる勇気と、調和に
 満ちた言葉でのみ活きよう。
 そして、宇宙霊の有する無限の力をわが生命に受け入れて、
 その無限の力で自分の人生を正しく建設しよう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
 言葉と人生は、言葉に関する心の使い方です。
 言葉はたいへん強烈な暗示力があり単なる人と人との伝達だけでなく、それ以上に重要な働きをしています。社会生活は消極的な言葉が満ちあふれていますので、よほど注意し無いと感化されてしまいます。そして、強い暗示力をもっているため潜在意識に記憶されてゆきます。言葉は思考や行動を支配し、社会生活、人間形成、人生を左右するほどの重大な働きをしています。ある人の一言が、人生を変えてしまうこともありますので言葉は責任をともないます。  
 心はいつも何かを思い考えていて、言葉として表現される前にすでに脳の中で言語活動を始めているので、言葉によってその人の心が見えてきます。しかし、多くの人は心と言葉が直接関係しているという重大な事実に気がつかず日常生活の中でなんのためらいもなく平然と消極的な言葉を使っています。  
 言葉を積極的に表現した場合、生命の一切が極めてよい状態になって現われてきますが、消極的な言葉で表現した場合、それが「口害」となり、自分だけでなく周りで聞いている人にまでよくない影響を与えてしまいます。
 ですから、できるかぎり消極的な泣き言や弱音、悲観的な言葉、恐怖の表現や怒りの言葉を口に出さないことです。そうしないと消極的な言葉で本人も周りの人をも傷つけて不幸にしてしまうからです。
 また、言葉の良し悪しで心の態度も強くも弱くもなるので、人に対して常に積極的な言葉で接し、明るく、朗らかで、勇ましく調和に満ちた言葉で接することが大切になります。
 また、言葉は話し終えたら消えてなくなると気軽に考えていますが波動として残ります。日本は万葉集の時代から言葉には強い霊力が宿るとされていました。聖書でも「初めに言葉ありき。言葉は神とともにあり、言葉は神なりき」と、神聖視しています。
 言葉はそれほど大切なのですが、実生活の中で言葉を積極化させるのは簡単なようで、いざ実行するとなると長い間に習慣になってしまっている消極的な言葉が邪魔して口から出てきません。ここは堅い意志をもって常に積極的な言葉を使うように努力する以外にありません。積極的な言葉で話す努力をしていれば、いつしかそれが第二の天性となり自然に口からでてくるようになってきます。

 お互いに心を勇気づけるプラスの言葉、喜びを分かち合う言葉、聞いていてなんとなく楽しくなる言葉で会話をしたいものです。

 人間本質自覚の誦句

 人は万物の霊長として、宇宙霊のもつ無限の力と結び得る
 奇しき働きをもつものを、吾が心の奥に保有す。
 かるが故に、
 かりにも真人たらんには、いたずらに他に力を求むるなかれ。
 人の心の奥には、潜在勢力という驚くべき絶大なる力が、
 常に人の一切を建設せんと、その潜在意識の中に待ち構えて
 いるがゆえに、如何なる場合に置いても、心を虚に、
 気を平にして、一意専心この力の躍動を促進させよう。

―――――――――――――――――――   
 誦句集に初めて潜在意識の語彙が出てきます。
「潜在意識は実在意識を通じて宇宙霊と結ばれていて、宇宙霊と同様に、一切の物を創り出す創造力を有している」としています。
 天風哲理の潜在意識の更改法は、潜在意識と実在意識の両方を必要としています。自身を鏡と自己暗示を駆使して、実在意識から潜在意識へ積極的な暗示を送り込み、潜在意識領の奥深くに染み込んでいる消極的な観念を、一枚一枚とり剥がして積極的な要素に取り換えていくことを実行しています。
 水壷の濁り水のなかに真水を一滴一滴と注ぐとやがて澄んだ水になるように、積極的な要素をコツコツと潜在意識領に打ち込むことで更改させて行きます。つまり、潜在意識の記憶の倉庫を大掃除して無用な消極的な要素を整理し役に立つ積極的な要素と入れ替えです。これまで多くの人は潜在意識領に消極的な要素ばかりを送り込んできましたが、これからは鏡と自己暗示法を活用して、積極的な暗示を打ち込に潜在意識領を積極的な記憶で満たし消極的な要素を追い出してしまえと説示しています。
 天風哲人は、もしこの積極化法で潜在意識量の消極要素がとれないのであれば、天風打坐をして自分が産まれる前の遺伝子までに立ち戻って更改させろという徹底ぶりでした。
 付記;最後の行く「力の躍動を促進せざるベからず」文体を、わかりやすく「促進させよう」としました。

5:1.jpeg思考作用の誦句

私は今、宇宙霊の中にいる。
私は今、霊智の力とともにいる。
そもそも宇宙霊なるものは、万物の一切をより
よく創りかえることに、常に公平なる態度をとる。
そして、人間の正しい心、勇気ある心、明るい心、
朗らかな心という積極的な心持ちで思考した事柄にのみ、
その建設的なる全能の力を注ぎかける。
然りしこうして、かくの如くにしてその力を
受け入れしものこそは、またまさしく力そのものに
なり得るのである。

――――――――――――――――――― 

 「人生を支配する法則」として宇宙霊が登場してきます。
「天風誦句集」のなかに宇宙という語彙がたくさん出てきます。「宇宙霊」として13回、「大宇宙」として8回、「神仏=宇宙霊」として14回でてきます。「運命を拓く」講談社版は、すでに「神仏」すべて「宇宙霊」に統一して27回でてきます。「天風誦句集」を「宇宙誦句集」と名称を換えたく思うくらいです。
 ですからここで天風哲学のいう宇宙霊の定義を書き加えておきます;
「天風哲学では宇宙霊と呼ぶが、それは真理瞑想行の説明の時に、大自然に対する我々の修行上の尊敬念を、より一層深くする為に仮に宇宙霊と名付けたのである。宇宙のおおもとの気という意味であり、ただ便意上、宇宙霊という言葉を使うのであると考えればよい。神、仏、天之御中主命、天にまします我らの父、なんでもよい。呼び方はどうでもよい」としています。
 この「宇宙霊」はオカルト的霊でなく、物理学の素粒子を裏付けとした科学的に捉えています。天風師の言う「立派な科学」です。
 また、「神、仏、天之御中主命、天にまします我らの父」ですと、どうしても信仰の範囲が、国、地域、民族に限定されてきまうが、宇宙霊とすることで全人類に共通する普遍性を有することになります。

 「思考作用の誦句」の変更箇所として;
 私は今、宇宙霊の中にいる。
 私は今、霊智の力とともにいる。
 朗らかな心という積極的な心持で思考した事柄にのみ、
 

生命の力

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0360.jpeg力の誦句

私は、力だ。
力の結晶だ。
何ものにも打ち克つ力の結晶だ。
だから何ものにも負けないのだ。
病にも、運命にも、
否、あらゆるすべてのものに打ち克つ力だ。
そうだ!
強い、強い、力の結晶だ。

――――――――――――――――――― 

 「力の誦句」は、天風瞑想録第一巻で、短く簡潔な誦句になっていますのでそのままにしました。
 3月15日にこの天風瞑想録が「中村天風講演録CD」全12巻として刊行され、近くデジタル版として発売されます。天風師の力強いが誦句が拝聴できるとは誠に喜ばしいことです。これによって「誦句集」がより身近になります。
 「力の誦句」第一巻で、先ず「誦句集」に出てきます「宇宙霊」、「宇宙エネルギー」の解説から入っています。
「人間の生命力は、肉体にあるのでなく、霊魂という気の中にある」、「元気という気が出たときに、人間と宇宙霊とが一体になったことになる」。
 天風師は霊魂という気を、宇宙霊、宇宙エネルギーと称しています。宇宙創造の根源の気を、宗教では神仏、天之御中主神、如来、アラーと名付け、天風師はこれをヨガで用いる「宇宙霊」と称しました。
 ですから「誦句集」の記載されている「神仏」を、すべて「宇宙霊」の名称に統一しました。

 プラナヤマ法の誦句
 (活力吸収法)

 神韻縹渺たる大宇宙の精気の中には、
 我ら人間の生命エネルギーを力づける、活力なるものが、
 くまなく遍満存在している。
 今私は、プラナヤマ法と称する特殊な密法を行い、
 この活力を、五臓六腑はもちろん、四肢の末端に至まで、
 深甚たる感謝をもって有り難く美味しく吸収しよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 最近になりクンバハカ法、養動法、安定打坐法と並んで、プラナヤマ法の大切さを再認識しています。
 健康法にいくつもの呼吸法がありますが、その中でもクンバハカ法を組み入れたプラナヤマ法は、宇宙にくまなく遍満存在する大自然のエネルギーを、観念を用いて全身に取り込むすぐれた呼吸法になっています。
 『天風誦句集』に「活力吸収(プラナヤマ)法の誦句」が記載されているのに、講談社の改訂版「運命を拓く」にこの誦句が抜け落ちています。呼吸法は誦句だけに留まらず、心体を使った運動法だからと思いますが誠に惜しい。とても大切な誦句ですので解説を加えました。 
 天風師はヨーガの里でクンバハカを会得した後、カリアッパ師の指導で、それと平行したヨーガで称する「プラーナーヤーマ」の呼吸法を体得して生命の甦りを果たしました。
 その後、生命の甦りした効能を探究し、徹底的に噛み砕いて日本化したのですが、クンバハカとプラナヤマの名称はそのまま残しています。誦句でも「活力吸収法」の横にカタカナで「プラナヤマ」とルビを付けています。
 プラナヤマ法は、大地にしっかりと立ち足の裏から生命エネルギーを、全身に満たすようにすくいあげて一瞬だけ絶対クンバハカで息を止めます。そのあとウン〜といきみ加減して息を吐き出しながら体内の不浄を全部排出させ、体内を浄化させる全身呼吸です。
 方法は、大地に毅然と立ち「プラナヤマ法の誦句」を唱えたあと;
 まず息を吐く。吐いて、吐いて吐き切ったら、グッと絶対クンバハカを決めて、足の裏から生命エネルギーを全身に充満するようにして口から息を吸い上げ、そこでまた絶対クンバハカ決めて一瞬だけ息を止めます。そしてクンバハカ体勢のまま下腹に意識を集中させ、鼻からウ〜ンといきみながら吐き出し体内60兆の細胞にバイブレーションを与え、体内に残留する不浄をすべて排出して活性化させる法です。
 この呼吸法をクンバハカの体勢で、眉間に意識を集中し、細く長く深く十秒ほどの完全呼吸で2回繰り返して心身を活性化させます。深呼吸のときに眉間に意識を集中させることから「眉間プラナヤマ法」とも称しています。
 天風哲人は「眉間は命の窓」といってよいほど大切な所で、宇宙にくまなく存在する生命ネネルギーは主に眉間から入って、松果体を経由して全神経の原動力として配分されると説明しています。
 眉間から導入した宇宙の活力が、松果体ホルモンのメラトニンの分泌を促進し、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促して疲労を回復し、病気や老化を予防する働きがあると言われています。

 補記としてですが:
 1)誦句集では「深甚なる感謝をもって思う存分吸収しよう」になってますが、戸外訓練の時に天風師が即行で唱えた、「深甚たる感謝をもって有り難く美味しく吸収しよう。」の「有り難く美味しく」を採用しています。
 2)誦句集のなかでここで初めて「我」や「吾」でなく「私」がでてきます。これ以後の誦句は「私」で統一した所以です。

朝旦偈辞

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0075.jpeg甦えりの誦句

私は今、力と勇気と信念とをもって甦えり、
新しき元気をもって、正しい人間としての本領の発揮と、
その本分の実践に向かわんとするのである。
私は今、吾が日々の仕事に、溢るる熱誠をもって赴く。
私は今、喜びと感謝に満たされて進み行かん。
一切の希望、一切の目的は、厳粛に正しいものをもって
標準として定めよう。
そして、つねに明るく朗らかに統一道を実践し、
ひたむきに、人の世のために役立つ自己を完成することに
努力しよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「天風瞑想録」と「運命を開く」(講談社版)との、違いは各講演録の後に天風師の直筆の有無です。実はこれがオリジナルの証でして、なんとも言えぬ味わいがあります。
 しかも、この誦句は朝礼のときに天風師が、会員に向かって直々に誦句し、その声の響きだけで身が引き締まります。
 ただ、会員に向かっての誦句ですから、冒頭は「吾(われら)は今」となっています。これを「運命を拓く」は「我は今」と改めています。私「我は今」の方がスッキリしますが、「私の天風誦句集」ですので「私は今」としました。同時に以後の誦句もすべて「私は今」の一人称に統一しました。その方が誦句がより身近に響いてきます。
 「私は今、力と勇気と信念とを持って甦り」と、「誓いの言葉」の「力と勇気と信念」が、天風哲理の合言葉として繰り返されています。そして「新しき元気を持って」と続きます。
 今日一日を、新しき元気をもって甦りします。

 付記;「吾が日々の仕事に」の日々には「にちにち」と「ひび」とありますが、天風師はここでは「にちにち」と誦句しています。
 誦句で書き換えた箇所;
 吾=>私  また=>今 

 私が「天風誦句集」と出会った時に受けた大きな衝撃は、35年たった今でもそのまま残っています。私の人生を大きく変えた小冊です。
 誦句集の冒頭は「誓いの言葉」から始まります。朝礼の時に天風師の言葉「甦えりの誦句」についで、会員一同で「誓いの言葉」を誦和します。
 真理瞑想の時でなく朝礼の時に誦和するためか、誦句集の冒頭にあるのに「天風瞑想録」と「運命を拓く」に抜け落ちています。天風哲理が濃縮された大切な誦句だけに実に惜しいことです。

  「誓いの言葉」
  今日一日
  怒らず 怖れず 悲しまず、
  正直 親切 愉快に、
  力と 勇気と 信念とをもって
  自己の人生に対する責務を果たし、
  つねに誠と愛と調和を失わざる
  立派な真人として活きることを、
  自分自身の厳かな誓とする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 心の表現である感情は、言葉と行動に深くかかわりをもち、心と体に大きな影響を与えています。
 この「誓いの言葉」の中に「三勿三行」として「怒り、怖れ、悲しみ」の感情、「正直、親切、愉快に」の感情は、言葉と行動に深くかかわりをもち、心と体に大きな影響を与えています。
 そこで、今日一日を快適に生きて行く心がけとして、わずか8行のなかに、心の使い方が凝縮されています。
 「怒らず 怖れず 悲しまず」、「正直 親切 愉快に」、「力と勇気と信念とをもって」、「誠と愛と調和」と、トントントン〜と歯切れのよい三拍子の言葉を感じ取ってみてください。
 今日一日を、怒らず、怖れず、悲しむことなく、正直、親切、愉快な心で過ごし、何事にも、力と勇気と信念を失うことなく、自己の人生の責務を遂行し、つねに誠と愛と調和(真、善、美)を失なう事のない立派な「真人」(リアリスト)として生きることを、自分自身に厳かに誓うのです。真人とは本来的な人間以上をいう。自分との約束は宇宙霊との約束ですから、厳かな誓いになります。
 消極的な感情の代表格である「怒り、怖れ、悲しみ」は、生命力を減退させるので戒め、一日の生活のなかで、「正直、親切、愉快」に行動すれば、感情が明朗化し楽しくなります。感情を制御する際に最も有効な対処法になります。
 そうは言ってもいざ実行になりますと、やさしそうにみえてもなかなか思った通りに行きません。誓ったそばから、怒ったり、怖れたり、悲しんだりしている己の未熟さを思い知らされます。
 しかし、毎日この「三勿、三行」の誓いを心がけることで、感情を制御することができてきます。少なくても激情した感情にブレーキがかかります。この時にクンバハカ法を平行させますと更に感情を制御できます。
 ここは「私の誦句集」ですので、「つねに平和と愛とを失わざる」の箇所を、確信を持って「つねに誠と愛と調和を失わざる」と修正を加えました。

 誦句の中で書き換えた箇所は;
  つねに誠と愛と調和を失わざる
  立派な真人として活きることを

感謝新年

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9999.jpeg 昨年9月に長年の連れを亡くし、なんとか連れ無いそぶりをして来ましたが、心身ともにボディーブロー的な強い衝撃を受けました。それでもお陰様でノックアウトされることなく、すべてに感謝し「百ヶ日」をかけて立ち上がりました。
 2020年から気楽な生活を棚上げし、当面は会社の現役に復活して精進する所存です。
 そんな今年の初夢は、数年後に桜吹雪のふるさとサライの空へ、赤絨毯の道を歩いての帰国となっています。
 どうぞ皆さまよいお年をお迎えください。
 本年もよろしくご指導のほどお願い致します。

天風瞑想録

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1304-thumb-240xauto-71.jpeg51BTG7EYGHL.jpeg「天風瞑想録」は、昭和32年「天風誦句集(一)」の小冊として発行されました。
それを元に昭和48年「天風瞑想録」として、第1章「いのちの力」から各章毎に 第13章「一念不動」までが、5年の歳月をかけて昭和53年の天風会創立60周年に刊行されました。お弟子さんたちの心のこもった偉業でした。
 天風会創立70年周年の昭和63年になり、各章13小冊が合本に編集され「天風瞑想録」として出版されました。語彙の微小の違いがありますが、ほぼ同じ誦句になっています。IMG_9813.jpeg51QiGnWTerL.jpegそして、平成6年に講談社から「運命を拓く」ー天風瞑想録ーとして天風会を超えて講談社から現代口語文に改定し単行本で出版されベストセラーになりました。ついで平成10年に文庫本となり、さらに令和元年に電子書籍化されました。
 ですから「天風瞑想録」は、5回の変遷をしながら読み継がれてきています。しかも「運命を拓く」にある誦句の方が、オリジナルの「天風誦句集」よりも読みやすくなっています。「神仏」の名称も「宇宙霊」に統一されています。
 そのうえ価格も手帳サイズの「天風誦句集」より400円ほど安く購入できます。これでは「天風誦句集」を買うのは、よほどマニアックな人に限られてしまいます。
 ただ、たいへん惜しむらくは「運命を拓く」には、天風師直筆の「天風瞑想録」の題字と各章末尾にあります毛筆で書かれた誦句がありません。さらに朝礼の時に誦和する大切な「誓いの言葉」と「プラナヤマの誦句」が抜け落ち、画龍点睛を欠いています。
 ともあれ天風会創立100周年を機に「天風誦句集」の改訂版を希望したいところです。それが必要な時になっています。
 私自身も2020年1月から「天風師の面影」に、誦句の改訂版に挑戦してみる所存です。私自身の「天風誦句集」です。

睡眠について

| コメント(0) | トラックバック(0)

 天風師は睡眠について;
「睡眠を真に催した時に睡眠し、然らざる時には睡眠するべく無駄な努力を為さぬのが最も聡明なのである。いろいろの方法や手段を講じて無理にも眠ろうと、あれこれと種々の努力をしてもなかなか眠れないものである。それは、何とかして眠ろうと焦れば焦るほど、神経が興奮するためで、その上にかかる無駄な努力をすると精力の二重疲労を招来する結果に陥るのである」。
「その日その時の活力の消耗の程度に応じて、言い換えれば、生命の要求する時間を睡眠するというのが最も自然法則に順応している。本当に眠くなってから寝るようにすること。ムリに眠ろうとせず、ゆうゆうたる気持ちで眠くなるまで待とうとのんきな気持ちをもつことが何より必要である」と、実に簡明に教示しています。
 とても明瞭かつ理論的なのですが、私が師の教えの中で未だに習得できない課題になっています。
 日常生活のなかで時間に制約され、なかなかそうもできずにいます。時には早朝の起床のためついつい睡眠導入剤(メラトニン)に頼ったりしています。
 それでも最近になり1日の睡眠を7時間と規定せず、また寝だめも効果ありませんので、寝たいときに寝て、起きたい時に起き、眠れない時は無理にも寝ようとせず、自然睡眠体を心がけるようになって来ました。

月別 アーカイブ