菊と刀

| コメント(0) | トラックバック(0)

220px-Mishima_Yukio_1970.jpg 今日はなぜかユーチューブを開けると1970年11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内での「三島由紀夫・檄」日本文化に殉死した事件の画像が最上段の左端に出てきました。294,278回視聴数、5分38秒の動画でした。
 私はこの事件の1ヶ月前に日本を離れ留学先の宿舎でした。私は事件を知るとそのまま部屋に閉じこもりましたら、何を誤解されたか数日私の行動が監視状態におかれました。たぶん私が持参した木刀で毎朝素振りをしていたからだと思う。
 「檄」はヤジと喧噪のなか約5分でしたが、自衛隊にだけでなく我々に向けられたものでした。最後の部分だけ書きだしてみました;
 「日本を日本の真姿に戻して、そこで死ぬのだ。生命尊重のみで魂は死んでもよいのか。生命以上の価値なくして何の軍隊だ。今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。もしいれば、今からでも共に起ち、共に死のう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇えることを熱望するあまり、この挙に出たのである」。
 あれから48年になるのに情況はさらに深刻になっています。本来これを受け継ぐべきであった団塊の世代は、何もすることなく素通りしたどころか、いまだに改憲の足を引っ張っています。
 日本文化「菊」を守るには「刀」が必要ですが、三島の警鐘した通り「刀」を放棄したために「菊」は萎れはじめています。菊が萎れれば国は傾きアメリカによる属国化がさらに進むか中国の属国になってしまうというのに、いまだに心地よい似非平和に漬かっています。

愛の結晶

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_6814.jpg 昨日のブログにアインシュタインの「引力=愛」の宇宙法則を書きました。
 今日はそれに触発されまして天風師の「力の誦句」の「力」を「愛」に置代えて書いてみましたら、なるほどそうだったのかという誦句になりました。宇宙法則による愛の結晶作用です。

 「愛の誦句」
  私は愛だ 
  愛の結晶だ
  何もにも打ち克つ愛の結晶だ。
  だから何ものにも負けないのだ。
  病いにも 運命にも、
  否 あらゆるすべてのものに打ち克つ愛だ。
  そうだ!
  強い 強い 愛の結晶だ。
 

IMG_8409.jpeg      (オフィスの片隅に咲いたサボテンの花)
 知人からいただいた文章ですが、そのまんま添用しました。
1980年代の末、アインシュタインの娘リーゼルは、父親から彼女に宛てられた1400通の手紙を、死後20年間は内容を公開しないという指示を添えてヘブライ大学に寄付しました。これはそのなかの1通;
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。

この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。

それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。

なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。

なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。
愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。
それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、
私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。
「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。
世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。
しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、
愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。なぜなら愛こそが生命の神髄だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。恐らく謝罪するには遅すぎ るが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ

お前の父親
アルベルト・アインシュタイン

感動の創造

| コメント(0) | トラックバック(0)

417f720ZtxL.jpeg 天風会の推薦でもあり「新訳中村天風の言葉」とあるので、ついに新訳本!が出たかと、大きな期待をもって予約購入し今日届きました。
 今日か今日かと待ちわびていたので、さっそく読みはじめましたが、何の感動もなく1時間で読み終えてしまった。本のタイトルは出版社が決めますが、これは「新訳」でなく「注釈本」でした。
 私は「真理を践行するものはみだりに他人を批評するなかれ。否その暇があるならば自分自身を厳正に批判するがよい(天風述)」を、旨としていますので書評は控えますが、一つだけ書いておきたく思います。
 著者はプロローグとあとがきに、繰り返し「天風師の肩を借りて、その上に乗り、今と未来の景色を見渡す」と、記しています。
 私は天風道を33年も歩みきて、いまだに師の足元にも及ばぬ自分を痛感し一歩でも近づこうと研鑽を重ねています。その私から見ますと、いとたやすく師の肩の上に乗り景色を見渡す身軽さ、たとえ言葉のあやであったとしても、師に対しての尊厳がみられないのが残念でした。
 師は「俺は月を観よと指をさして教えた。指をみないで月(真理)を観よ」と、「俺の肩に乗れ」とは言っていませんでした。
 ですから次回の著者では、注釈本でなく忠実な新訳本での感動を期待したいところです。感動を楽しみにしています。

IMG_8399.jpeg 週末にクリスマスの飾り付けをしてホリデーシーズンを始めました。
 今月は12日までクリスマスの出荷に追われ、13日から23日まで東京--群馬--香港--珠海−台南−台北を、各地を1〜2日間の滞在ペースで一回りしてきます。できたら珠海から10月に開通した港澳珠大橋を渡って香港に入りたいがどうなることか。
 今回の大きなイベントは、私が留学した台湾の研究所(修士課程)創立50周年祝賀会に参加してきます。第4期の大学長(大先輩)として列席です。
 かつてこの研究所は、世俗から隔離された山の中腹に在り全寮制でした。私は2年半ここで勉学に籠りロマンチストからリアリストに変身した所でした。さなぎから成虫に羽化したわけで、いまだに飛び回っています。
IMG_8401.jpeg そんな思いで深い研究所ですが、卒業以来すっかりご無沙汰していましたので、懐かしい同学たちとの再会を楽しみにしています。
 先ずは、50周年祝賀会と同学たちに想いを馳せ、大分麦焼酎「銀座のすずめ」とやらを開けてホリデーシーズンをスタートさせました。
 12月もよい月にしてゆきましょう!

脱東亜論

| コメント(0) | トラックバック(0)

11:30.jpeg この著書は前にも一度紹介しましたが、よく韓国を分析しているのでもう一度書き込みして11月を締めくくりたい。
 「韓国においては、時代が新しくなるほど、遠い過去の記憶が鮮明に甦りつつある。日本統治時発展の基礎を整え、日韓基本条約を経て近代化の資金を手にし、大いなる発展をとげたという過去は、いかにも居心地が悪い。歴史の清算により日本の悪を糾弾し、もって今日を築いたのは、韓国自身の手による以外のなにものでもないという自意識を構築しなければ、みずからの正統性を訴えることができない。韓国の建国自体が、民族独立闘争とは無縁のものであった。日本が敗北することにより、おのずと転がり込んだ独立である。誇るに足る建国の物語はない。一人前の国家になったればこそ、自国の胡乱な成り立ちが耐え難いという感情が噴き出している。北朝鮮の成立に建国の正統性を求める従北派が、韓国内で大きな勢力を張るにいたったのも、そのゆえんであろう。文在寅の登場は国内の反日を一段と解き難いものとする可能性が大である」「文在寅は就任後間もなく日本統治時代に半島から動員された元徴用工には日本企業への個人保証請求権があると述べた。かの左派大統領ノムヒョンの発言をも上回る強硬な対日姿勢である」。
 つまり、精神傷害自閉症的病理現象なので相手にしても仕方がない。韓国の若い世代が育つ自然治療を待つしかない。ここは国際裁判所にまかせ、いまこそ日本は脱東亞することです。
 「日本は海洋勢力の背後支援を受けて日露戦争に勝利し、その後、大陸に攻め入り海洋勢力との関係を断ち切られ、無残な敗北を喫したのである」。
 同じ失敗を二度繰り返すことなく、脱亞でなく脱東亜して日本の針路をインド・太平洋に向ける時です。

台湾の民主主義

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8394.jpeg    (自分のハゲ頭までジョークにしていまう雄弁な新市長)
 2年前に台湾の民進党が総選挙で圧勝して政権を奪回し、国民党は壊滅的な打撃を受けました。私は選挙後に新閣僚を訪問し総統を始めとした閣僚がみなアメリカ留学のPhD(博士)で、学者肌のおとなし品のいい人たちなので、果たして権力闘争の海千山千の中国高級幹部と渡り合えるのか、はなはなだ心細く思いました。
 果たせるかな11月24日の統一地方選挙で(中間選挙)で、今度は民進党が県市の首長ポスト13のうち7を失う惨敗で、蔡総統が党主席を辞任しました。この流れからみて1年後の総統選挙での再選はかなり厳しくなりました。
 今回の流れの中で国民党を復活させた立役者は、やはり高雄の市長選で20年ぶりに市長の座を奪回した韓国瑜でした。当地で「韓流」といわれる「タイワン・ファースト」の新潮流です。今回、台湾人が国民党に投票したことは歴史的な意識改革でした。台湾に二大政党の民主政治がさらに根付いたことを実感させられます。
 この選挙結果に中国は「中台関係の平和的発展を引き続き分かち合い、経済・民生を改善したい台湾の民衆の強い願いの表れだ」と歓迎し、国民党と「高雄などへの中国からの団体旅行を奨励し経済を支えていくことも選択肢の一つだ」としています。しかし、一度も人民よる選挙をやっていない中国共産党にとって喜びも痛し痒しでもある。彼らは人民が選挙権を要求することを恐れている。先日のペンス副大統領の対中演説で「台湾の自由と民主主義は中国人民の夢」とするところです。
 付け足しになりますが、韓国瑜新市長は国立政治大学の中共研究を専門とする東亜研究所で学び、私と同学になります。修士論文が「從中共『對台統戰』策略看兩航談判」(「中共からの対台湾統一戦の策略からみた両航空路交渉」で、中国共産党の手口を知り尽くしていますので、いまだに意識水準が停滞する党独裁の中国もそうぬか喜びをしているとしっぺ返しされることだろう。

秋の暮れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8336.jpeg 祝2025年、大阪万博決定!
 16日の初雪の翌朝に虹を撮ったら二重の虹になっていた。初めて見た二重虹の向かって走るのは日産車、「ゴーン with マネー」で、なんとも後味の悪いスキャンダルですが、前方も雨上がりの虹であってほしいものです。
 今日は感謝祭の翌日「ブラック・フライデー」、ネーミングがよくないが、投げ売り大バーゲンの日で、ショッピングモールの駐車場はどこも入りきれず長い列となります。外はマイナス7度の冷え込みでブラックどころか秋晴れの澄んだ青空です。
IMG_4645.jpeg 今年の感謝祭は2月に出版した自著「天風式ヨーガと瞑想のすすめ」を、再々読しました。同じ出版社なのに百田氏の「日本国紀」は、45万部を突破で5百田倍の発信力です。今どき心の問題などを扱う私のKYさ、物理学の基礎研究のような心の素粒子を扱う愚直さに呆れもするが、この愚直さに感謝して乾盃でした。
  この道を 行く人なしに 秋の暮れ (芭蕉)

感謝祭

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8350.jpeg 当地は11月22日の感謝祭(サンクスギビング)に合わせてボジョレーヌーボーが解禁になります。2018年ボジョレーヌーボーで感謝の乾盃をしました。
 アメリカに渡り創業の頃は、1年を必死に走り続けて感謝祭になってやっと一息、長距離レースのゴールのようでした。1年を無事に走り終えたことに感謝してゆっくり休息とり、それから翌年度の経営計画をたてはじめていました。
 折よく日本は感謝祭の翌日に五穀豊穣を神に感謝する新嘗祭なので、毎年一緒に祝っています。私のなかに流れる農耕民族の血がそうさせるのかも知れません。
IMG_8346.jpeg また、この日におらが街のクリスマスツリーに明かりが灯り、クリスマスソングが流れいよいよホリデーシーズにはいります。
 今年も最終コーナーの直線に差しかかりました。あと3週間クリスマスの出荷に追われサンタクロースになった気分で、来年の干支まで猪突猛進のラストスパートです。

日本国紀

| コメント(0) | トラックバック(0)

71UPUATAmwL.jpeg 当地の今日は初雪。雪の白さに心が洗われる。
 初雪にふさわしい白表紙の「日本国紀」を読み終えました。50万部突破かと今話題の百田尚樹氏が書き下ろした2000年余の日本通史です。タイトルを「史」とせず「紀」としたのはさすがです。
 14章500ページの大作で、各章それぞれが1冊の本になる14冊分を、駿馬で一気に通り抜けています。中国語では「走馬看花」といいまして、私も走り読みしました。
 若者に向けた日本国紀ですので、書評は手に取った読者諸氏にお任せしブログでは遠慮しました。編集が有本香女史で「本有リテ自ズカラ香ル」で、50万部突破は百田氏ならではの快挙でお見事!!

P.S. 昨日は初雪、「日本国紀」を読み終えた翌朝は、虹の掛け橋。
IMG_8341.jpeg

月別 アーカイブ