IMG_1841.jpeg  アメリカ、この国は強大国だとしみじみ感心する。
 ポンペイオ元国務長官は当初から一貫して武漢ウイルス起源説としていた。彼はかなり密度の濃い確かな情報を入手しているのだろう。その彼が中共はいまも生物兵器の開発を続けていると発言している。(一情報によるとコロナウイルスの致死率は1%だが、それより毒の強い致死率が15%UP)。
 アメリカの危機管理のすごいところは、まず、武漢ウイルス感染拡大に対し、前線で闘っている医療関係者を、「ここにヒローがいます」と、いたる所に激励のサインを立てて讃え、国民が総力戦で闘っていました。
 同時にトランプの発令で歴史的な超速度でワクチンを開発し、中共のワクチン戦略に隙を与えず、台湾統一のワクチン攻勢も蹴散らしました。また、国民も愚図を言わずに素早くワクチン接種し集団抗体力でパンデミックを抑え込こみました。6月にはマスク解除です。
 私が感心したのはこれだけでありません。これと並行して緊急医療施設(Urgent Care)を、短期間のうちに建ち上げました。私の知る範囲でも車で5分ほどに5箇所あります。当初ここまでしなくもと思いましたが、アメリカはポンペイオの言うように、今回の経験から次にまた来るかも知れぬパンデミックに備えているのでしょう。
 危機管理に想定外はなく、積極的な対応が必要になります。強大国のアメリカの所以です。

 今頃になって急に武漢研究所からのウイルス兵器漏れの真相が究明されてきました。
 私は長年わたる中国ウオッチャーの直感で、2020年2月時点で中国の異常な武漢封鎖とアメリカの厳しい水際対策から、武漢研究所からの生物兵器漏れと判断しました。これ以外に考えられなかった。ブログにも;
 「ウイルス兵器が武漢実験室のミスで漏洩したのかは、永遠にお蔵入りになるであろうが、この事実の怖さを知る中共からの警告かと思う。この核心的事実を隠蔽して、一度嘘をつくとその後はすべて嘘で塗りたくるようになる」と、記していた。アメリカも少なくも国防部はこの事実を掴んでいた思う。
 ですから私は当初から武漢ウイルス漏れと捉え、非常事態宣言のなかでも怖がらずに前向きに戦ってきました。不急不要以外の自粛生活の時も、会社を1日も休むことなく出荷を続けてきました。マスクの強制使用は屈辱でした。これが私のできる対中共武漢ウイルスの戦いと考えてきました。
 ただ、事件があまりにも大きすぎるので、隠蔽に隠蔽を重ね永遠にお蔵入りとなると考えていたが、アメリカのパンデミックが峠を越したここに来て急に武漢研究所説が出てきました。
 この先どうなるのか予断を許しませんが、札束で口を塞がれた科学者の多くが生物兵器を否定した中でしたが、確証がなくもやはり自分の直感を信じる大切さを思い知らされた。

一流の頭脳

| コメント(0) | トラックバック(0)

51Mhs7TRIRL._SX339_BO1,204,203,200_.jpeg アンデシュハンセン著「スマホ脳」についで「一流の頭脳」を読んでしまった。重要箇所が太字で書いてあるので、ハイスピードで読了。この太字だけでもお勧め本です。
 眼から鱗の実に面白い内容で、全章にわたり「とにかく運動」としか書いていない。終章も「ただちにこの本を閉じて」運動しようでした。
 「私たち自身のためにできる何より大切なことは身体を動かすことがという事実を、現代の神経学科(脳科学者)が教えてくれたからだ」、「運動が脳にもたらす恩恵は、私たちの想像をはるかに超えるほど大きいからだ」。
 有酸素運動を中心に、散歩でもいい、ランニングでもいい、1歩でも脳のためになる。これが、いやこれこそが、私が長い間いかにスマホに対応すべきかと考え続けた「スマホ脳」対策にもなると信じる。真実は常にシンプルです。
 人間の脳は身体を動かすことを望んでいる。「人間が人間らしくある時にのみ、人間の恵まれる幸福を受け得る(天風)」。
 さて、運動してすっきりした頭を悪用し、次の読書はコレ!51sSJm5+tHS._SX317_BO1,204,203,200_.jpeg

IMG_1824.jpeg 6月を始める前に私のビジネスバッグを紹介したい。
 ドイツ製でたぶん医師が外診に持ち歩き用かと思うが、必要の物がなんでも収まってしまう便利なバックです。香港で購入しましたが当時かなり高価でした。
 私は34年間ほどこのバックにコンピューターと必要書類を入れて出勤していました。この間に変わった事は、見ての通りずいぶんと擦り傷ばかり、コーナーが綻びロックするバネが緩みましたが、それでもまだまだ現役として十分に使用でき、さすがドイツ製だと感心しています。
 ただ、大きく変わったのは私の方で、数年前までバッグの重さなど気にもならなかったが、最近とても重く感じるようになり、バックからも「そろそろ休ませてくれよ」の声が聴こえて来きました。
 そう、名残惜しいがこのバックは6月いっぱいで、私と共に退役になります。6月をもってお客さんからの注文をお断りし、会社の事務処理と倉庫の整理を始めます。この際バックも退役させることにしました。お疲れ様、感謝です。

スマホ脳

| コメント(0) | トラックバック(0)

51QWwQZzt-L._SX310_BO1,204,203,200_.jpeg 私はこれまでスマホ脳を獲得したデジタル世代は、IQ180の頭脳で天才が続出すると考えていた。しかし、どうやらそれは基礎教育のできた1990年頃に中学を卒業した世代までのようです。
 アンデシュハンセン著「スマホ脳」を読んでみた。そこには「人間の脳はデジタル社会に適応していない」と、スマホ依存症の副作用が羅列されていた;
 「スマホは私たちの最新のドラッグである」
 「メンタルヘルスや睡眠に悪影響」
 「バカになっていく子供達」「IQは下がっている」
 「心の不調、睡眠障害、うつ、記憶力や集中力の低下、脳が確実に蝕まれている」と手厳しい。
 そして著者はスマホ時代のアドバイスと対抗策として;
「自分のスマホ利用時間を知る」、「目覚まし時計と腕時計の使用」、「着信音をすべてオフに」、「表示をモノクロに」、「運転中はサイレントモードに」、「集中力を必要とする時スマホを手元でなく隣の部屋に」、「チャットやメールをチェックする時間を決める」、「友達と会っている時にはマナーモードに」、「スマホを寝室に置かない」、「寝る時は電源OFF」、「子供は教室でスマホ禁止!」、「どんな運動も脳に良いと適度の運動の進め」とあるが、いったい我々はこれらの対抗策をいくつ実行できるのかな。
 ともあれ、スマホを隣の部屋に置いて一読のお薦めです。

71Hyko6cUSL.jpeg  自らの使命として中国共産党に体当で闘い続ける中国研究家に遠藤誉女史がいます。私が尊敬してきた筋金入りの研究家です。遠藤女史は中共の血塗られた野望と怨念の歴史の中で翻弄された犠牲者でもある。
 1947年、毛沢東の「(旧満州)長春を死城たらしめよ」の指令のもとに、長春を柵(卡子)で取り囲み、無数の市民が餓死しました。「その死城から抜け出すことに成功し、生き残った人間がいる。その数少ない一人として、長春で、そして卡子でなくなった犠牲者の墓標を建てる使命を私は果たさなければならない。『この史実を残さずに死ねるか』、『墓標を建てずに死ぬわけにいかない』という執念が私を突き動かす」とある。5歳時の女史は卡子での極限の恐怖体験で記憶喪失に陥ることで死から免れている。
 あとがきに、自分としては「毛沢東、日本軍と共謀した男」、「卡子」、本著書の3部作によって、中共の血塗られた野望と怨念100年の秘密を暴き出せたと記している。
 女史は今年80歳となり、「本書執筆が人生最後の仕事になるかもしれないと覚悟し」とあるが、まだまだ中共の崩壊を目にするまで健闘してもらいたい。

51pe2IGcsWL._SX324_BO1,204,203,200_.jpeg 城山三郎著「人生余熱あり」を読み終えた。
 退職後に第二の人生を歩む人間模様を描いています。余熱とはいえ30年前の出版ですので、著者をはじめ登場人物みな鬼籍に入っています。私も30年前にこの著書を読んだと思うのだが、他人事のように読み流したためか、まったく憶えていない。
 私がそろそろ第二の人生を歩むのでと、友人から「今ココ」とばかりに参考になりそうな本を送ってくれています。有り難いことです。
 私は「人生は一回限りで第二はない」と考えているので、余熱ではなく、今もこれからも本熱で行くと思いながら、今回も同じように読み流していたら、赤髭医師の関寛斎の「70過ぎの身で、なぜ」の章に打ち当たり、心が震えてしまった。この本はこの章だけでよかった(本にも邂逅の時があるとはいえ、古本で1円からとは泣けるが、アマゾンならではです)。
 関寛斎の72歳からの壮絶な人生が並んでいます。「人生は百年、七十はまだ中途」と、これまでの黄金生活をすべて投げだし、寛斎発狂説が出るほど厳しい覚悟で、北の果て最も避遠な未開地に開拓民として赴き「寛斎の人生に軟着陸などく、一度限りの人生を深く生き」ていた。
「身体健康かつ僅かな養老費の貯えあり。これを保有して空く楽隠居たる生活をし安逸を得て死を待つは、これ人たる本分たらざるを悟る事あり」、世のため「理想の為に尽くして死に至るは男子たる本分」と己に厳しい。
 形見の歌に;
    人並の 道は通らぬ 梅見かな 

ローマの哲人

| コメント(0) | トラックバック(0)

81kf33Q0ryL.jpeg 今日は中野孝次著「道元断章」についでさらに2000年前に遡り、氏の「ローマの哲人セネカの言葉」を読了。
 やはり「読書プロの文学者」が、セネカの言葉を、綺麗な文章と澄んだ知性でわかりやすく紹介しています。
 実は私の勝手な偏見で、長いこと中野氏を敬遠してきました。日本中がバブル景気に熱く炎上していた時、冷や水を浴びせるように「清貧の思想」を世に問うたからです。何もいま出版しなくもいいではないか、なんとすねた方なのかと思っていました。
 しかし、こうして「ローマの哲人」の知恵を読み進めますと、氏の思想の核心を素直に受け入れることができました。それにこの「清貧の思想」は、心の豊さと道徳性を失いつつある現代の日本人への警告として光を放っています。
 「人間の欲望や快楽に飲み込まれることなく、宇宙の秩序と法則に従い自然の全体と一致して生きれば、心の安らぎが得られる」と説いています。
 人間が考えることは2000年前も、道元の800年前もさして変わらず、大哲人が時空を超えて「今ここ」に生きている錯覚を覚えます。読書プロの文学者に敬意を表したい。
 「人は生きているかぎり、いかに生くべきかを学びつづけなければなりません」セネカ。
 氏の「ハラスのいた日々」を、読んで見たくなった。

今ここ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 519R3812RFL._SX326_BO1,204,203,200_.jpeg  政治関連の本をばかり読んでいますと少しも心が豊になりません。そこで心に栄養をと思い、中野孝次著「道元断章」(正法眼蔵と現代)を読了。
 著者は「読書プロの文学者」と自認しているだけあり、綺麗な文章と澄んだ知性でいい作品を残しています。
 おそろしく難解な道元禅師の「正法眼蔵」を、800年後の現代人にも理解しやすく解釈を加え身近に引き寄せてくれています。
IMG_1562.jpeg 本書の主題である道元の生死観と時間軸に、過去、現在、未来などなく、禅の極致は「今ここ」生きるにあるとしています。しかし、それを知性で理解できたとしても、霊性で悟らないことには真に自分のものにならない。そこで道元は悟りのために修行せよ、ただひたすら「只管打坐」せよとしています。
 ここに座禅をせぬ「読書プロ文学者」による道元論に限界を感じます。それでも超隔絶した道元禅師を、我々の身近に引き寄せてくれた有り難い労作になっています。
 今夜は「今ここ」の麦焼酎で乾杯!

81irU+zKyWL.jpeg 元オーストラリアの政治家で国際弁護士である、アンドリュートムソン著「世界の未来は日本にかかっている」(2021年刊)を読了。
 私は初めてオーストリラリア人による中国問題の著書を読みました。そして初めて何故オーストラリアが、いま最前線に立って過激な反中外交を展開しているのか理解できた。
 中共による豪州への超限戦の侵略が、すでに属国化される寸前の国家危機になっていて救国のための反撃でした。モリソン首相の毅然とした対中政策は参考になる。
 また、アメリカもこの超限戦で相当な打撃を受けて弱体化しているとし、トランプ外交の無き後の現状を憂いながら明確に現状分析しています。この現実的な分析の多くは、私も共有するものでした。そして、欧米を毒殺している狂ったリベラリズムの超限戦が、日本にだけ浸透していなど考えられない。
 「世界を救い出せるには日本の一般国民だけ」の章を、期待して読み進めたら、もし、日本が憲法改正せぬまま中共に占領されて「日本省」になっていなければと言う、空恐ろしい条件がついていました。ここで中共による日本省(私の言う大和民族自治区)になるまでのシミュレーションしています。中共はバイデンの弱腰の時に、先ず台湾武力統一、沖縄、尖閣の占拠、佐世保に上陸という、7ページの長い文章ですので省略しますので、本屋で立ち読みしてください。
 そして、いま日本人の妻と九州に住む著者は、日本が「日本省」にならぬように願い、「私のメッセージに留意してください!」と、国民の覚醒を促しています。こうした親知日派が居ることは誠に有り難いことです。

月別 アーカイブ