41Y456YDVQL.jpeg 友人から幸田露伴の「努力論」が、天風哲理と多々共通すると、中野孝次著「幸田露伴の努力論に学ぶ『自分を活かす気の思想』(2001年、集英社新書出版)の注釈書をいただいた。
 拝読しますととても参考になる注釈本でした。こうした著書が重版にならず、古本で10円〜30円とはなんとも残念。ここにも若い人の読書離れうかがえますが、努力家の清貧学生にとり手頃の値段となる。
 その内容ですが、文字どおり「努力」して幸福と成功を掴めと、若い人への人生論でした。明治人幸田露伴の粋と希望の気概を感じます。1912年出版ですのでまだ天風がヨーガの里で生死をかけて修行していた時ですから、露伴は先陣となります。
 ここで興味深いのは幸福をつかむ知恵として、幸福三説「惜福、分福、植福」を主張しています。惜福、福を一遍に使い尽くしてしまわぬ事。分福、自分だけの福でなく自他ともに福にあずかる事。一人「雪隠で饅頭を食う」など卑劣の行為をするな。植福、福を授かるために福を植える事とある。
 気を率いる生き方として、人生を生かすも殺すも気次第と、さまざまの気の使い方を伝授しています。ただ、ここはやはり作家と学者の注釈ですので興味深く説得されるのですが、ではどうすればのHow to Do の具体的な実践の域まで行っていません。その意味でも天風は幸田露伴の後に続く者となるでしょう。

輝く群馬の星

| コメント(0) | トラックバック(0)

83536759_2526096190947321_6569558508260294656_n.jpeg ソシャールなぐんまな人々のFacebookで「輝く群馬の星」の写真を見つけました。
 昨年、仕事納めの前日にちょっとした会合で初めて群馬県庁を訪問して来ました。
 ついでに153メートルという日本一高い県庁舎の32階展望台から上毛三山を遠望しました。先日故人となった中曽根康弘氏が、若かりし頃に自宅のテラスに登り上毛三山を眺めて大志を懐いたという風景を眺めてみました。なるほどいい光景ですね〜、すっかり里心がついてしまった。
 それにしてもなぜこの未開地にこのような高層ビルなのかと思うが、都道府県魅力度ランギングの強敵、栃木、茨城の県境を、上から見張るためか。頑張れぐんまちゃん。
 それにしても下のJRポスターはひどい(T_T)、、、そうだ!群馬に帰ろう。500x338xbc4934ae89f9296f861f16a6.jpegちなみに、写真の左に見えるスカイタワーより群馬県庁のが高いぞ!!
県庁から関東平野が一望できる。

感謝教

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8989.jpeg このところ日本に出張しますと夜遅くまで飲み歩くより、その時間があればマッサージ師にお世話になることが多くなりました。
 私の知人に80才過ぎた方が、船や飛行機の待合時間が30分もあれば即マッサージしていました。当時それを呆れて見ていましたが、最近になり理解できる齢になってきたようです。
 そんななかマッサージ師から得ることもあります。6年前には肌の感触からか、「もっと水を飲みなさい」と一日2リットル+の「飲水法」を勧められたり、天風フアンに出会ったりしました。なかには指圧中に休みなく霊的な説教するので、聞いたら学会の人だったりです(こりゃたまらない)。
 つい先月のこと「腰から左足の指先まで少し痺れるので」とお願いしたら、いきなり「マッサージする前に痺れるまで頑張って働いてくれた足に先ず感謝しなさいよ」ときました。なるほどね〜これには参った。
 そして全ての話が、今の仕事に、雨にも、花にも有難うの感謝、感謝なので、この人どこか頭がおかしいのか、それとも感謝教徒なのかと聞きましたら、正常でどこにも所属していないと言うのに2度びっくりです。こんな風ですから得意客がたくさんで忙しく、たまたま空きがあり私が当たったようで、これにも有り難いと感謝です。一期一会でたぶん会うこともないと思うが、私も有り難神に感謝です。
 やはり少しおかしいのかなと思うのですが、世の中に居るんですね〜こういう素晴らしい天然の感謝教徒が。これ以来、私も足に感謝する毎日です。

仕事始め

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0049.jpeg 10日ラスベガスCESでSONYのAI自動運転車を見学、あのソニーがね〜、パナソニック、サムソンもこれに続くのかな。他の家電展示場は5Gとロボットの競い合い、こうした変化の速さにただただ翻弄気味。
 11日にラスベガスから戻る機内で、台湾総統選挙で蔡英文が再任のニュースでした。地政学的に台湾はこのまま台湾として積極的現状維持となりひとまず安堵。
 翌12日の当地ニューヨークの天気は、朝の6時から19度、日中が20度で真夏のような青空。1月にこの暖冬どうなっているのか、こちらにも翻弄気味でした。

CES国際見本市

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9998.jpeg 9日から3年ぶりラスベガスCES展示会の後半に出張することにしました。会社は出展していたが、私は無沙汰していました。
CESも様変わりしトヨタがスマートシティー構想の発表で参入、ソニーが自動運転車を発表するという。令和になり日本勢も元気を取り戻しているようです。私も彼らから刺激を受けて来ます。
 私の今回は"Maid in Taiwan"の生産状況の確認となっています。米中貿易戦争の趨勢を見ながら生産地をどこにするか難しい選択になっていて、こうした微妙な時期はネットのメールだけでは判断できず、やはり現場を見ることが必要となります。今回のCESで打ち合わせさた後、近い内に工場巡りを予定しています。
 さて、今年も飛びます!

感謝新年

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9999.jpeg 昨年9月に長年の連れを亡くし、なんとか連れ無いそぶりをして来ましたが、心身ともにボディーブロー的な強い衝撃を受けました。それでもお陰様でノックアウトされることなく、すべてに感謝し「百ヶ日」をかけて立ち上がりました。
 2020年から気楽な生活を棚上げし、当面は会社の現役に復活して精進する所存です。
 そんな今年の初夢は、数年後に桜吹雪のふるさとサライの空へ、赤絨毯の道を歩いての帰国となっています。
 どうぞ皆さまよいお年をお迎えください。
 本年もよろしくご指導のほどお願い致します。
                    

ゆく年くる年

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0002.jpeg 27日に暖冬のアメリカに戻って来ました。
 日本を長らく無沙汰したため、今回はいろいろやる事が多く、毎日が実に生産的な出張でした。
IMG_0013.jpeg 日本で来年の干支が描かれたヘレンドのコーヒーカップをいただきました。北欧の「ねずみの王女」の童話から飛び出たネズミが立ち上がり、悩んでいる我々を見上げて「なにも心配することないから」と、告げている瞬間を描いたそうです。
 そう言えば、干支飾りのねずみはみな上を向いている。そんなねずみたちが、明日「なにも心配することないから」と、2020年を運んできます。
 ゆく年、くる年、みなさまよいお年をお迎えください。

一陽来復

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9897.jpeg 冬至は1年で最も陽が短い日、この日を境に太陽が来復してきます。
 天照が天の岩戸から出て来た日であり。キリストの生誕降臨の日であることから光の子になったとされています。中国では納骨の開眼供養日になっています。
 私は今年ほど真冬の一陽来復、光の復活の願ったこともありません。

 「この光こそは、わが命と宇宙霊とを、確実に結びつくくろがねの鎖である」(天風)

上野「時の鐘」

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9879.jpeg        「花の雲 鐘は上野か 浅草か」(芭蕉)

 毎朝6時になると私が常泊しているホテルに、何処からか鐘の音が聴こえてきます。あの鐘の音は上野か浅草か、芭蕉の前期の句でノリよく詠んだ秀作とされています。
IMG_9882.jpeg 今朝は散歩がてら芭蕉が詠んだというこの鐘を突き止めました。芭蕉はここで「時の鐘」を聴いたことになります。そして、ここから数十歩離れた所に、天風師が百年前に辻説法をはじめた樹下石上が在ります。
 芭蕉が聴き、天風が聴き、いま私が聴いています。そしてまた誰かが聴くとことになります。代わる者と不易なものと、時の流れもいいものだな〜としみじみ感じたしだい。


素粒水

| コメント(0) | トラックバック(0)

 IMG_6405.jpeg

 かつてミヤンマーに行った時、道路に面した家々の門前に通行人のために水壺が置いてあったのを見て、この仏教国に好印象を受けました。
 スイスでは街角の小さな広場に水飲み場があり、そこで街人が水を飲んでいる姿を羨ましく眺めています。
 スイスや日本を含め水道水をそのまま飲める国は世界でも少ないのですが、私は海外生活が長いため水当りを敬遠し飲むことができずにいます。スイスでもエビアンか沸かした白湯を飲んでいます。
 そんな私が口コミに乗せられて、3日前から浄水器を蛇口につけるだけで衛生的な素粒水ができるということで取り付けました。「素粒水」というネーミングが気に入りました。
 これが体にいいのかわからないが、水道水から浄水器経由の生水を飲み始めました。私にとり念願の蛇口からでる生水を飲むとい画期的なことになりました。

月別 アーカイブ