a0386130_15342011-1.jpeg 悪名高き三峡ダムの建設を強行した李鵬元首相は、1996年に当時のオーストラリア首相が訪中した際、「日本は40年(2035年)後には消えるかも知れない」あるいは「30年もしたら日本は大体つぶれるだろう」と発言している。
 私はこの頃から対中警戒派でしたが、中共の日本乗っ取り計画はすでに始まっていたのでしょう。これまでの対日浸透工作見ると如実にそれを物語っている。
 幸い習近平の夢が7年早く白昼夢になった事と対中強行のトランプが登場したおかげで、お人好しの日本人も身の危険に気がついたようです。でも、さすがの私も「日本自治区」でも「大和」でもなく「倭少数民族自治区」の新疆ウイグルなみにされるまで警戒していなかった。
 ここでいまニュースが入ってきました。タイトルを見ると「獅子身中の虫、日本学術会議の日中科学技術連携で、今や中国ミサイル部隊の1000発の核ミサイルが日本に向かっている」と、お花畑にミサイル雷が落ちるまで日本人は、、、桑原、桑原、、
 かつて中国出張の時、よくタクシーの運転手から私の聞き慣れぬ中国語に「お前はどこから来たか」と問われ、オハコのジョークで「中国に北京、南京があり、私は東京からです」と言うと、決まって「え、中国に東京があるのか」と首をかしげます。もうこのジョークは使えない。
 その北京で今月26日から29日まで政治局重要会議「5中全会」が開かれ、2025年までの5ヶ年経済計画(それまで中共持つのか)と2035年までの長期目標を立てます。そのために中共内部で熾烈な権力闘争が展開されている。
 さて、2035年に日本は消えているのだろうか。

暗黒物質

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0729.jpeg           (秋空にハートを描く)
 アメリカの大統領選挙が2週間後になりました。私は毎回の選挙時にアメリカの暗黒ダークマーターの底知れぬ深さを覗き、この国が理解できなくなります。私にとりオクトバーミステリーです。
 それでも知人から大統領選挙の予測を聞かれます。私に選挙権はありませんが、長くアメリカに住む者として私見は責務なのかと思います。
 そこで無責任な私見ですが、前回ヒラリーとの選挙時と同様に投票数ではバイデンですが、選挙人数でトランプが勝利。さらに密かな独断として、ロナルド リーガンの再選選挙時のようにハワイの投票が始まる前にトランプの圧勝と見ています。
 今日はもうひとつわからない事ですが、私がいつも楽しみにしているメルマガの方から;
「欧州では空気が乾燥し移動も繁くなったせいか三波が来ているみたいですが、日本を含めた東アジア系の人は大きな括りでファクターXがありそうですね。日本という小さな括りのなかでもリスクを減らす要因があるのかもしれません」。
「日本では東京ばかりがフォーカスされて報道されているのですが、東北6県900万人、新型コロナで亡くなった方は累計で僅かに10人。360万人もの人がいる静岡県とかは亡くなった方は累計でわずかに2人です。欧米で猛威を振るっているのと同じ感染症なのか?といぶかしく思うほどです。マスクしているからとか、清潔好きだからとかいったのを理由に挙げるようなお花畑では説明できない何かがあると思っています。早く解明できればいいのですが・・」と、ありました。
 これに私見はありませんが、その東北秋田から菅首相が誕生し、それに「教養レベル露見」と揶揄した静岡知事、さて中共ウイルスはまだまだ続くのか、習近平の深セン講演時に数回の咳き込み、ほんと世の中わからないことばかりです。こうした現象は量子論から分析したら解明できるのだろうか、、

ユニクロ

| コメント(0) | トラックバック(0)

uniqlo-000.png ほんと久しぶりに経営の話し。
 ユニクロは中共ウイルス禍の中でも最終利益は過去最高になると底力を見せつけた。
 柳井会長は:「われわれのコンセプトは服の世界で最高のポジションにいる。究極の普段着で、仕事するときも家にいるときも、着心地良くて品質もいい、スタイルもいい。自画自賛だが、そういう服だ」と、早くもウイルス後に対応した究極の普段着を品揃えしたようです。
 そして、「政治的な対立が激化し、政治的な違いがビジネスの現場に影響しつつある。まさに危機的な状況だ」が「危機をチャンスに変え、よりよい社会を創る前向きな発想、具体的な行動。そうした発想が持てるかどうかで未来が変わる」と述べています。これには私も全く同感。
 さらに、「今私が描いている夢は、世界の優れた個人や民間と連携し、国や民族の垣根を取り去って、国家というものに変わる真にグローバルなプラットフォームを作ること。夢物語や私の個人的な願望ではない。本当に社会の役に立つ企業しか、もはや生き残ることはできない。それこそが、真実だからだ。世界中の消費者はそのような企業の姿勢を指示し、これらの企業の商品やサービスを購入することで応援してくれると確信している」とのお説。
 立派な夢だが、別にそのために「国や民族の垣根を取り去る」必要はない、現にその国や垣根があるからユニクロは企業発展しているわけで、グローバルとナショナルは矛盾しないので、垣根を取り去るのでなく両者のバランスを取ることがユニクロの描く夢であるべきかな。
 でもユニクロは確かに中共ウイルス後の世界を示唆している、すでに生産拠点を中国から垣根を越えて、ベトナム、バングラディッシュ、インドネシア、インド、主な中、高価格品はまだチャイナと仕分けしている。この対応は見事なもので、ユニークさは見習うヒントがあります。

アイリス現象

| コメント(0) | トラックバック(0)

121100186_2405467573082413_6026042476167482265_o.jpeg 先日ブログでJALの「暗夜光路」を書きましたが、9月26日から「空たび星空フライト」が企画された。
 目的地は「空」だというが、中共ウイルス禍で乗客激減の苦肉対策。「そら」と読まず「くう」と読めば禅の境地となる。
 ネーミングとして「暗夜光路」より「空のたび星空フライト」の方がいいかな。がんばれJAL!
 今日はもう一つ光の話。
 時折Facebookに掲載される「ソーシャルなぐんまのひとびと」に寄り道して、群馬の様子をうかがっていますが、今日は太陽と虹と雲がくりなす瞬時のアイリス現象とやらの綺麗な写真が掲載されたのでシェアしました。

補記:アレッサンドロ・マネンティ撮影(Alessandro Manenti)

 ここ数日バックパックを背負った小学生の登校姿が見られるようになった。元気そうな登校姿に未来への希望を感じます。
 今朝は7ヶ月ぶりに室内25%の集客まで許可されているレストランに入りゆっくり食事をしました。お決まりのTwo eggs over easy, bacon and potatoes, white bread. もう感動でした。明日もそうしようと思っている。
 トランプ大統領は中共ウイルスに感染し3日後に退院して、ホワイトハウスに戻ってから国民へ強烈なメッセージ;
 「コロナウイルスを怖れるな!」
 「コロナに人生を支配させてはいけない!」「打ち勝つのだ」
 「神の御加護のもとアメリカを偉大な国にしよう」と。
 トランプ大統領はすごい信念のリーダーですね。今、彼にしか言えないメッセージです。彼には明日が見えているのでしょう。私には選挙権がないが、トランプの再選を希望している。

 この程奇しくも菅総理の母校となった法政大学の総長が、大学の公式サイトで日本学術会議の新会員として推薦された研究者6人を菅首相が任命しなかった問題をめぐり「見過ごすことはできません」と抗議する姿勢を示した。
 私は昔から法政大学に良い印象がなく無礼者の問答無用と思っている。靖国神社を参拝すると本殿のすぐ右奥に法政大学の高層ビルが見える。あたかも靖国神社を見下ろすかのように。昔はもう少し低かったかと記憶するが、今回見るとさらに高さがましたかと思う。
 御霊に対しこれほど心ない常識外れの建物もない。こんなところの教授を、日本学術会議に推薦するなど「見過ごすことができません」。

beethoven-2.png 中共の断末魔がさらに酷くなっているので、10月も関連ニュースを追うことになる。
 以前のブログで習近平独裁がキリスト教の浸透を警戒して、「西洋かぶれするな」の一言で、中国からクリスマスの飾り付けが消えたことが、私を中国離れさせた大きな要因と書きました。
 最近になってモンゴル語の弾圧で世界に散らばる誇り高きジンギスカンの末裔を、反中で団結させてしまいました。そして今度は西洋の古典音楽、特にベートーヴェンの名曲が標的にされ音楽の教科書から消えました。これで比較的に親中であったドイツの中国離れを牽制してのことだと思うが、ドイツ人の誇りである古典音楽にまで手を伸ばしました。これでこれまで躊躇していたEUも反中に動くでしょう。、
 なんで次々に今やらなくてもいい愚策に暴走するのか、ここまで来ると習近平があわれに思えてくる。本人は反中共の歌姫だったテレサテンの大フアンだというが。
 果たして崩壊はいつになるのか。混乱がこのまま続くのか。さりとて内部の権力闘争の相手側も、同じ職権濫用の汚職にまみれた穴のムジナ、阿修羅の断末魔どっちに転んでも希望がない中国ニヒリズムです。
 中国共産党のなれの果て、中秋に添える枯れススキだ。

中秋節快楽!

| コメント(0) | トラックバック(0)

120182954_3404061966307690_2616768086967095112_n.jpeg 今年の中秋は名月が雲間から顔を出すか微妙なところですので、念のため先にANA/Ozawa氏撮の写真を先に載せておきました。
 中共ウイルス禍で8ヶ月も経済活動がスローダウンしているなか、時だけは第4コーナーに差しかかりました。
 今日から2021年度の経営計画の作成を始めました。先々が予測できない難しい経営環境に置かれていますので、慎重に年度計画を作成したく考えています。

PS; 今年の中秋名月は雲上のまま顔を出さなかった。

騒がしい中秋

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1128.jpeg 日本で細やかなおもてなしに満喫し、当地に戻って来たらすっかり中秋。紅葉と落葉が始まっていた。
 中共ウイルス禍の状況も相変わらずのままで、早くも第2波が心配されてスパーの棚からハンドペーパー類が消えています。また都市部の治安も悪くなってきています。
 そんななか1ヶ月後に控えた大統領選が加熱をおびてきて、今日は第1回目の大統領候補者討論会です。10月のアメリカはこの2つの騒ぎで静かな晩秋を迎えそうにない。
 一方、8月か9月に中共内部で政変が起き、習独裁が退場することを期待してニュースを追っていたが、すでに変革できぬほど動脈硬化となり延命治療しているようだ。さて10月にどうなることか「中共の夢は人類の悪夢」この機に潰さねばならないと、毎日それを思い詰めてたら、その見返りでこちらが帯状疱疹(退場方針)になってしまった。
 中共の狂気で台湾海峡波高し一刻の目も離せない緊張が続いている。
 こうした9月が過ぎ10月を迎えます。世界は激動しています。我々も変化に対応して前進する覚悟が必要になっています。
 「名月を 取ってくれろと 泣く子かな」(一茶)
  明日は中秋の名月です、いい月を取りましょう。

暗夜光路

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1099.jpeg 明日28日から仕事を再開するので、今回の旅路を締め括りたい。
 JALに登乗するとスチュワーデスが、私を待っていたかのように「○○様、今日は6時間半後にオーロラが見えるかと思いますが、窓際のお席はいかがでしょうか」と案内されました。私はいつも中間のアイル席を予約していますが、オーロラを見るのもいいかと窓際にしました。
IMG_1088.jpeg 離陸の滑走が始まると、JAL機の整備士が旅の平安を願って手を振って送り出してくれます。毎度の見慣れた光景ですが、中共ウイルスの余波で、次回の帰国がいつになるか予測もつかぬため、心なしセンチメンタルな離陸となってしまった。
 果たして6時半後、左横遠くに白夜の帯が見え、時折オーロラを放射していました。その後は雲海の上を飛行し、斜め前方に「宵の明星」が輝き、やがてそれが「明けの明星」となり、徐々に輝きを失うとともに、朝焼けの光景へと変わり朝陽が顔を出してきました。
 実に壮大な素晴らしい暗夜光路でした。これまで300万キロほど飛行したのに、これほど美しい光景に知らずにいました。これからは窓際を予約しようと思う。
 

月別 アーカイブ