メモリ〜商品

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7974.jpeg 今週でやっとこんまり倉庫整理が半分が終りました。これで私が商品開発した廃棄在庫が一掃されました。これらは私が現役の経営者として最も輝いていた時に開発した商品群でした。
 当時、電卓の小さな半導体から集積メモリー数が、16K、32K、64K、256Kビットと次々に開発された草創期でした。自社もそれに平行させて、日本の大手S商社と大手E半導体メーカーとプロジェクトを組んで商品開発を進めました。
 電卓+電話便号メモリー、英語のスペルチェッカー、電卓+電話オートダイラー、電卓+電話オートダイラー+記載メモプリンターと開発を進めました。何せまだ市場にないイノベート商品のため高価格のうえ市場も未知数で、自社にとり大きなリスクでしたが、社運をかけ野心的に進めました。
IMG_7957.jpeg 結果的にそれなりに売れて利益もあげたのですが、同時に返品在庫も積もりました。今回はその在庫整理となり、スペルチェッカーだけでも4000台余りあり、感心にも今でも操作できました。で、なぜこんなに在庫があるのか思い返すと、この機種のソフトにバグ(Bug=虫)が発生し急遽販売中止したのですが、すでに1万台生産していました。
 自社にとり大きな機会損失と欠損で危機的状況になりました。さて、このバグの責任所在は自社のソフトプログラムによるものか、商社はずるく直ぐ逃亡してしまい自社と半導体メーカーとで検証となりました。そして半導体メーカーが検討した結果、半導本体にバグを認めて全額補償してくれました。もしずるければ責任逃れできたと思うが、バグの問題で業界の信用を失うことを考慮したと思います。誠に有り難いことに日本の大手Eメーカーだったので、自社は危機一発で救われました。リスクをカバーしきれない商品開発はするものでない教訓でした。私はいまでもE社の誠実さに感謝しています。
 かくして私の商品開発能力は、メモリー256Kビットまでで臨界点となりました。これらの開発ソフトは十数年後に驚異的なメモリー数のスマートフォンにすべて吸収されて行きました。昨日は産廃回収車に向かい「ありがと&さよなら」しました。IMG_7951.jpeg

一心太助

| コメント(0) | トラックバック(0)

AS20180816001273_commL.jpg山口県周防大島町で3日間行方不明になっていた藤本よしき君(2歳)を、発見救助したボランティアの尾畠春夫さん(78歳)が偉い!
 尾畠さんは大分県別府市で魚屋さんを営み65歳で店をやめてから、「学歴も何もない今の自分があるのは周りの人おかげ、困っている人があれば手を差しのべるのは当たり前」と、全国の被災地に行き奉仕活動をはじめたという。軽ワゴン車に食糧や水、寝袋など日用品を積みこんで、助ける相手側に迷惑をかけないことを信条に、活動費は年金から捻出しているとのこと。尾畠さんいい笑い顔していますね。
 尾畠さんはお盆の8月15日の朝から操作をはじめ、過去の経験からの勘を活かしわずか20分ほどで、「よし〜くん」の呼び声に「ぼく、ここ」と、よしき君を発見したそうです。おそらく尾畠さんには、山中の沢にかがんでいるよしき君の姿がみえたのだろう。2歳と78歳が遭遇した生命力、すごいことでした。
 「一心如鏡」魚屋さんの一心太助を、地で行っています。70歳まで活かさせてもらったら、あとは感謝の恩返し。頭がさがります。

お盆の芙蓉華

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7992.jpeg 公園の池の周りに芙蓉が咲いています。
 毎年8月15日は、靖国神社参拝と反対との騒ぎで鬱陶しい日となっています。なんで静に御霊を祈れないのか、いろいろな人がいるものです。参拝は政治問題でなく心情に関わることだから、参拝するかしないかは本人次第だが、参拝する者を阻止することもないし、また参拝を強制するものでもない。
 それに「敗戦記念日」なのか「終戦記念日」知らぬが、私自身はこの屈辱の日を認めていない。敗戦でも終戦でもなく、日本が日本を実践するかぎり、日本民族の戦いは今もなお続いていると覚悟しています。「後の続く者あるを信じて散華した英霊」に続くかぎり、戦いは続いていることになります。
 この日はお盆と重なるので、私は遠く海外にて仏壇に向かい祖先と御霊に合掌しています。明日は日本へ盆送りとなります。

IMG_7988.jpeg 最近になり「古事記の宇宙」に興味がわき、その流れで週末に恩師・野島芳明著「万葉ルネッサンス」を再熟読しました。もう絶版になっていてアマゾンでも古本でしか購入できないのが残念。
 この著書を何度も読み返しているのですが、今回は聖徳太子の偉業を中心にして、その歴史背景の角度から読んでみました。そして驚いたことは、当時の国内情勢と東アジア特に中国、韓国半島との緊張関係が、今の情況と実によく似ていたことでした。地政学的な宿命なのでしょうが、読んでいてこれが1400年前の出来事とは思えませんでした。
 歴史は繰り返すとは思いませんが、歴史から学ぶとは事はできます。日本はいまルネッサンス(再生)が、必要になってきています。平成の今上天皇が譲位され新しい元号に代わり、さらに現憲法の改正がその契機になるのだろうか。果たして今の日本に聖徳太子がいるのだろうか。安倍首相はどうなのか。日本は歴史的な大きな曲がり角に差しかかっています。いまこそ聖徳太子の偉業と万葉ルネサンスの復習が必要になっています。

 

中国研究

| コメント(0) | トラックバック(0)

51Qmkck1mNL._SX340_BO1,204,203,200_.jpeg 習近平独裁体制以降すっかり対中国に冷めてしまい中国を訪問していません。また行く気も失せてご無沙汰しています。中国はやっかいでつまらん国になってしまった。でも、自称中国研究家としていつまでも突き放して無沙汰してもいけないので、近刊著書を2冊読みました。
 私が日頃から参考にしています、石平X矢板明夫両氏の対談「私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた」(2018年6月刊)を読みました。中国通の両氏の現状分析はいつも参考になります。私の時事認識もそうズレていませんでしたので、まだまだ現役の中国研究家として行けそうです。
 もう1冊は、天安門事件を扱った安田峰俊著「八九六四」(2018年5月刊)を読了。こんな「八九六四」の4桁数字では、一般の日本人にわからない。36歳若手ルポライターというので、いよいよ若い中国研究家が台頭してきたかと期待しましたが、こちらは気負いだけが先行し研究が浅くこれでは中国人の複雑な深層心理がわからない。彼が石平にインタビューした時に石平氏から「安田さんは論文を書かないの?ジャーナリズムもいいけど、学問はいいものですよ」と、暗に中国研究の浅さを指摘されていましたが、彼はそのことさえ理解できないようでした。中国問題に対しこの程度の認識ですと先が思いやられる、そろそろ質のいい若手中国研究者の台頭を期待したいものです。
 さて、8月から党内宿命の権力闘争が表面化してくるのだろうか。ひさびさに興味深々です。

1808-11 神戸港祭り.jpeg 今日も岩崎澄男様から神戸花火大会の納涼写真が送られてきました。見事なショットです。
 ちょっとした風の吹き回しで、田部井淳子著「それでもわたしは山に登る」(百万遍もありがとう)と工藤房美著「ありがとう」(100万回の奇跡)を、読んでみました。いずれもサブタイトル「100万回のありがとう」でした。それぞれの女性の生き様で、書評は差し控えますが、どちらも花火写真のようにお見事な人生です。
 2冊を読んだ勢いで、工藤女史の遺伝子を覚醒させたという村上和雄著「サムシンググレート」「生命の暗号」と、私し向けに「アホは神の望み」の3冊を、購入して来週の読書となる。いつものように興味を持つと止まらないのだが、これくらいで一段落させたく思う。まずは納涼花火をお楽しみください。1808-12  火の祭典.jpeg

 .jpeg 8月は大阪「天神祭」の新風で、猛暑の祓いからはじめます。
 本日、岩崎澄男様(山田務名著「天風道八十年」の編集、メルマガ「新風」の主宰者)から、天神祭と花火奉納の見事な写真をいただきました。花火はコンテスト入賞作だそうです。50 天神花火10.jpeg

真夏に咲く花

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7938.jpeg 真夏の暑さにめげず毅然と咲く百日紅の花に元気づけられています。
 7月も30日というのに、我がこんまり倉庫整理はいまだ5時56分のところで6時(半分)まで行っていない。
 この片隅にはかつて私が商品開発し、この年にデザイン賞を獲りながらもさほど売れずに返品となった機種が山積みになっています。廃品回収のトラックが週に2回なので、山積みの片づけはあと3週間必要になります。このところ倉庫で汗をかき、1日に下着を2回換えて修行していますので、8月中には6時に到達予定です。暑さにめげず毅然と修行を続行です。
 みなさんよい夏をお過ごしください。7月終り午後8時の黄昏。IMG_7940.jpeg

日本道

| コメント(0) | トラックバック(0)

81r4I0yqr4L.jpeg 先日22日のブログでマンリオ・ガデロ駐日大使の著書を紹介しましたが、今日は元駐日イスラエル大使の著書「神国日本」(2018年5月、ハート出版刊)の紹介です。
 これまでもユダヤ人の書いた日本論を数冊読んでいましたが、今回は読んでいて何度も緊張が走りました。ユダヤ神話と日本神話を比較しながら民族の生き残りを言及する優れた力作でした。ベストセラーになることを願う。
 私は最近のIT情報化と国際化の趨勢は、諸民族の生き残りかけた熾烈な挑戦と考えています。そのなかで果たして日本民族は生き残れるのかが一つの研究課題になっています。著者は日本民族が、神話(信仰)、民族(日本人)、国土(日本列島)の「黄金の三角形」を、堅持するかぎり生き残れると太鼓判を捺しています。日本はこれからもこのまま日本の道、Japanese Way「日本道」を行けばいいと大肯定です。
 神話を失うと民族が消滅する。祖国を失い2千年の放浪の民となりながらも民族を消滅させなかったユダヤ人からこう言われるとなんとも心強い。著者の造語「日本道(NIPPON DO)」とは、いい響きです。かつて芭蕉が杞憂した「このみちは ゆく人なしに 秋の暮れ」の大和路に、太陽がさしそめ"NIPPON DO IT"と、日本道が開けてくるようです。
 この著書は是非ともお薦めです。

リベンジ禁止

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7936.jpeg 私の嫌いな和製英語に「リベンジ」があります。スポーツ選手の誰かが使いはじめすっかり定着した和製英語です。
 本来「リベンジ」とは「報復」を意味し、ネガティブであまりよい響きでありません。先日ブログで紹介したマンリオ・カデロ大使も同じ感じを受けたようで、「ラーメン店に行ったら閉店していたので、次回にリベンジするつもり」との例文をひいて気軽な使用を戒めてました。通常「リベンジ」は「挑戦」するくらいの語感でちょうどいい。
 さて、昨日は6月12日に辿り着けなかった世界最大のヒンドー寺院にリベンジ「報福」してきました。前回のミスはGPSが逆さになっていたため左折をする所を右折してました。
krsna_01.jpeg 今回は寺院でインド料理の昼食を食べゆっくり彼らの信仰の深さと千年先まで見込んで建てた寺院を見てきました。果たして千年の時空に耐えられるのかを、もう一度見極めたく思ったわけです。
 本堂は撮影禁止で撮れませんでしたが、Uのなかに○のシンボルが、神々が鎮座する各部屋の上に刻ざまれていました。クリシュナの額に描かれたマークです。
 3018年にも写真のような光景がみられるのだと思う。その頃は数人のインド系アメリカ大統領を輩出し、この寺院を礼拝していることでしょう。
 神千年 ふたたび今日の わかさかなIMG_7931.jpeg

月別 アーカイブ